解体前の片付けにかかる費用相場はいくら?費用を抑える5つの方法も解説!

品川区を中心に東京・神奈川・千葉・埼玉で対応可能!

この記事では、解体前の片付けにかかる費用相場や、費用を抑えるための5つの方法を解説します。あなたの疑問や課題を代弁し、費用を最小限に抑えるための有益な情報を提供します。

この記事を参考にして、費用を抑えつつ、解体前の片付けを実施しましょう。

解体前の片付け費用はいくらかかる?

解体前の片付けにかかる費用は、様々な要素によって変動しますが、一般的な目安として1万円から30万円程度とされています。

解体業者に依頼する場合、軽トラックでの片付けは約3〜4万円、1トントラックでの片付けは約5万円、2トントラックでの片付けは6〜7万円、4トントラックでの片付けは約6〜13万円程度が一般的な相場となっています。

ただし、費用は自分でどこまで片付けを行うかや、どの業者に依頼するかによっても上下します。自分でできる範囲まで片付けを進めることで、費用を抑えることが可能です。

解体前の片付けを依頼できる3つの業者

以下の業者は、解体前の片付けにおいて頼りになる存在です。状況やニーズに合わせて適切な業者を選び、スムーズな片付け作業を進めましょう。

不用品回収業者

不用品回収業者は、家庭やオフィスなどで出た不要な家具や家電製品、生活用品などを回収し、適切に処分してくれる業者です。

不用品の種類や量に応じて、家具や家電の単品回収やトラック載せ放題のプランを利用することができます。不要なものを効率的に処分したい場合には、不用品回収業者のサービスを利用すると便利です。

遺品整理業者

遺品整理業者は、亡くなった方の遺品や生前の思い出の品を整理し、必要な処分や保管を行ってくれる業者です。

遺品の整理のみならず、遺品を供養したり、遠方の方に形見の郵送を依頼するなどのオプションサービスを提供している業者もあります。遺品の整理や処分に関して心強いパートナーとなります。

特殊清掃業者

特殊清掃業者は、孤独死やゴミ屋敷といった特殊な状況に対応する専門業者です。

孤独死やゴミの不法投棄など、一般の片付け業者では扱いが難しい場合に頼ることができます。特殊清掃業者はプロの技術や知識を持ち、迅速かつ適切に対応してくれます。特殊な状況に直面した場合には、特殊清掃業者の専門知識を頼りにすることが重要です。

【注意】解体業者に片付けを頼むと費用が高くなる!

ごみや廃棄物は大きく「一般廃棄物」と「産業廃棄物」に分類されますが、解体工事で出る廃材などは産業廃棄物に該当し、その処理費用は一般廃棄物に比べて非常に高額となります。

さらに、産業廃棄物はさまざまなごみが混ざっていると、混合廃棄物という扱いになり、より処分費用がかさんでしまいます。

したがって、解体工事で出たごみと一緒に家財道具を処分してもらおうとすると、費用が予算を超えてしまう可能性があるため、事前に明確な見積もりを取り、費用を把握しておくことが重要です。

費用を抑える!自分でできる解体前の片付け方法5選

不用品の再利用や譲渡によって、費用を抑えながら環境にも配慮した片付けが可能です。ただし、各方法の利用には条件や手続きがあるため、注意して対応しましょう。

粗大ごみ回収に出す

粗大ごみ回収は、解体前の片付けで頻繁に利用される方法の一つです。

家具や家電などの大きな不用品を指定の日にまとめて出せば、自治体が回収してくれます。ただし、回収日や出せる品目には制限があるため、事前に自治体のガイドラインを確認しましょう。

買取業者に査定してもらう

解体前の片付けには、価値のあるアイテムを買取業者に査定してもらう方法もおすすめです。家具や家電、ブランド品などの買取価格を査定してもらい、買い取ってもらうことで、処分費用を抑えることができます。

フリマアプリで売る

フリマアプリを活用して、自分で不用品を販売する方法もあります。

適切な価格設定で出品すれば、購入希望者が現れるかもしれません。手数料や送料を考慮しながら、販売をしてみましょう。

リサイクルショップに持ち込む

解体前の片付けには、リサイクルショップを活用する方法もあります。

家具や家電、雑貨などの不用品をリサイクルショップに持ち込んで買取や引き取りを依頼することで、処分費用を節約できます。リサイクルショップの買取価格や引き取り条件は事前に確認しておくと良いでしょう。

知人・友人に譲る

解体前の片付けで不要となった物品を、知人や友人に譲る方法も効果的です。

自分では使わなくなったけれど、他の人にとってはまだ価値のあるものかもしれません。大切な思い出の品やまとまった量の物品を、大切に使ってくれる人に譲ることで、片付け費用を削減できます。

片付け費用を抑えるために解体前に処分すべきもの

片付け費用を抑えるために解体前に処分すべきものをご紹介します。

一般ごみ

一般ごみは、家庭ごみとして定期的な収集日に出せば無料で処分できるものです。しかし、解体業者に依頼すると処分費用が発生してしまいます。また、許可を受けていない解体業者では違法となるため、一般ごみの処分はできません。

一般ごみは自分で適切な方法で処分することが重要です。

粗大ごみ

粗大ごみは、大きな家具や家電などの不用品です。解体業者に依頼すると処分費用が余分にかかってしまいます。自治体の指定日に出せば回収してもらえるので、積極的に利用しましょう。

具体的な方法は自治体によって異なるため、事前によく確認してください。

リサイクル家電

解体業者に依頼する場合は、不用品回収業者やリサイクル業者を介することが一般的です。そのため回収費が割高になってしまいます。

古い家電はリサイクルショップに持ち込んで買取や引き取りを依頼し、新しい家電はフリマアプリや買取業者で売却することを検討しましょう。

補足:木製品と鉄類は処分しなくてOK

木製品や鉄類は、業者に頼んでも自分で処分しても、片付け費用に大きな差はありません。これらのアイテムは再利用やリサイクルが可能なため、処分する必要がない場合もあります。

ただし、状態や処分方法によって異なる場合もあるため、注意が必要です。

まとめ

今回の記事では、解体前の片付けの費用相場と費用を抑える方法について解説してきました。

自分でどこまで片付けを行うか、またどの業者に依頼するかによって費用は変わるため、しっかり吟味した上で片付けを行うといいでしょう。

解体を業者に依頼するなら、エイトがおすすめです。

エイトは、解体前の片付けや残置物の撤去を得意とする業者です。建物解体に伴う片付け作業を迅速かつ適切に行い、物件を清潔な状態に戻します。

さらに、エイトは買取サービスも提供しています。価値のある不用品は買い取っておりますので、撤去費用の足しにしていただくことが可能です。

エイトを選ぶと、片付けや買取といった様々なサービスを一つの業者で網羅的に対応できます。これにより、他の業者に個別に依頼する手間を省くことができます。特に事故物件の残置物の撤去費用を最小限に抑えることができるので、安心してお任せいただけます。

費用を抑えて解体するなら、信頼性と効率性を兼ね備えたエイトのサービスをぜひご利用ください。

解体工事、不用品回収費用をどこよりも明瞭会計でお出しします!

トラック1台5万円以下で広告を出している会社も多いですが大抵がそれ以上のお見積もりを出されるのでお気をつけください!

不用品回収費用

作業内容台数金額
車両代、回収費、処分費、
諸経費など全て込み
2tトラック1台95,000円
2tトラック2台180,000円(1万円引き)
2tトラック3台265,000円(2万円引き)

※4台以降は台数に応じて値引きいたします。

解体工事費用

作業内容金額
車両・重機代、解体費、処分費、
諸経費など全て込み
1坪 45,000円〜(木造の場合)

※家の造り、敷地面積などによってお見積もりが変動します。

エイトは明瞭価格で安心な解体工事・残地物撤去がウリです!私たち自社スタッフが明るく誠実な仕事を行います!