不動産仕入れ営業の7つのコツとは?仕入れが難しい3つの理由も解説!

品川区を中心に東京・神奈川・千葉・埼玉で対応可能!

不動産仕入れの営業は、成功するためにはコツが必要です。しかし、そのコツを掴むことは簡単ではありません。多くの不動産業者が直面する仕入れの難しさに悩んでいるかもしれません。

そこで、この記事では不動産仕入れのコツに焦点を当て、成功するための7つのポイントを解説します。

成功への近道をお伝えしていくので、ぜひ最後までお読みください。

不動産仕入れの重要性

不動産業界において、仕入れは極めて重要な役割を果たしています。不動産業者が仲介や代理、販売を行うためには、まずは仕入れを行う必要があります。実際、不動産ビジネスのすべての流れは仕入れから始まっています。

仕入れのできない業者は売り物件を持つことができず、当然ですが収益も上がりません。両手仲介を行い高収益を得るためには、売り物件の情報を仕入れることが不可欠です。仕入れによって、需要の高い物件を見つけ出し、元付け業者となることが重要な要素となります。

不動産仕入れは、業界内での競争力を高めるためにも欠かせない要素です。優れた仕入れ能力を持つことで、優良な物件を獲得し、成功への道を切り拓くことができるでしょう。

不動産仕入れ営業が難しい3つの理由

不動産仕入れ営業が難しい理由をお伝えします。

売却のタイミングがわからない

不動産仕入れ営業において、売却のタイミングを正確に把握することは難しいです。売り物件や開発素地の情報は予測しづらく、市況や需要の変動によって大きく影響を受けます。情報の出現タイミングや情報量も一定ではないため、正確なタイミングを見極めることは困難です。

情報を追うのが難しい

不動産仕入れ営業では、より多くかつ良い条件の売却情報を得るために、広範な情報収集が必要です。しかし、業界内の情報ルートが限られているか、自社の認知度や集客力が不十分な場合、情報をキャッチすることが難しくなります。

競合他社との競争が激しい

不動産仕入れ営業は競合他社との競争が激しい環境です。優れた物件や有望な開発地を巡って、競合他社との戦いが繰り広げられます。競争に打ち勝つためには、戦略的な条件の提示だけでなく、スピード感も重要です。迅速な行動と的確な交渉力が求められます。競争相手に勝ち、成約につなげるためには、常に一歩先を行く戦略を立てる必要があります。

不動産仕入れ営業の7つのコツ

業界全体の流れをつかむ

不動産仕入れ営業のコツの一つは、業界全体の流れを把握することです。

ニュースや市況の情報を常にチェックし、不動産市場の動向を把握しておくことで、担当地域で売り出されそうな物件の目星をつけることができます。流れをつかんでおくことで、有望な仕入れのチャンスを見逃さずに済みます。

不動産会社とネットワークを構築する

大手の不動産会社

大手不動産会社との関係構築は重要です。

大手不動産会社は業界内の情報を多く持っており、営業活動に役立つ情報を提供してくれる可能性があります。日頃から交流を深め、信頼関係を築くことで、豊富な情報源にアクセスできるようになります。

地域密着の不動産会社

地域密着型の不動産会社との関係構築も重要です。

地元の人々からの信頼があり、大手不動産会社にはない情報を持っている可能性があります。特に大地主とのつながりがある不動産会社は、狙い目な物件の情報を得る機会が高いでしょう。地域密着の不動産会社との良好な関係を築くことで、独自の情報を得るチャンスを増やしましょう。

20代後半~30代前半の営業マンと仲良くなる

20代後半から30代前半の営業マンとの交流も重要です。

彼らはある程度の営業スキルを持ちながらも、まだ営業マン同士の関係が少ないことが多いため、接触するチャンスが多いです。営業マン同士のつながりよりも、より詳しい情報や営業ノウハウを得ることができる可能性があります。

戸籍謄本で情報を集める

戸籍謄本を活用することで、他の営業マンよりも早く情報を集めることができます。

特に相続が行われてすぐの物件や相続で共有状態になっている物件、所有者が頻繁に変わっている物件などを探すと良いでしょう。戸籍謄本には所有者や相続人の情報が記載されており、早期にアプローチすることが可能です。

常にいくつか物件を仕込んでおく

不動産仕入れ営業では、常にいくつかの物件を仕込んでおくことが重要です。

幅広く仕入れることで、成果が出る確率が上がります。また、リスクを分散する意味でも、幅広い物件を取り扱う方が有利です。常に仕込み物件を持っておくことで、売り出しのチャンスを逃さずに済みます。

地主・大家へのアプローチは何度も行う

地主や大家へのアプローチは一度では信頼関係を築くことは難しい場合があります。

継続的なアプローチを行い、信頼を築いていくことが重要です。繰り返し接触することで、物件情報やニーズの変化を把握しやすくなります。地主や大家との関係を深め、信頼を築くことで有益な情報を得るチャンスを増やしましょう。

ポータルサイトを活用する

不動産仕入れ営業において、ポータルサイトは有用な情報源です。

売却希望のオーナー情報を集めているポータルサイトを活用して、物件情報を効率的に収集することができます。ポータルサイトを上手に活用し、有望な物件情報を得る手段としましょう。

まとめ

今回の記事では、不動産仕入れ営業のコツについて解説してきました。

不動産仕入れ営業は売却のタイミングが分からない、情報を追うのが難しい、競合他社との競争が激しいなどの問題があります。

そのため不動産会社や営業マンとのつながり、またネットワークなどの情報を活用するといった対策を行う必要があるでしょう。

また、不動産の解体について悩んだときは、エイトがおすすめです。

エイトは不用品や残置物の撤去に長けており、物件を清潔な状態に戻すために迅速かつ適切に処理してくれます。

さらに買取サービスも提供しているため、特に価値のある残置物がある場合には大変便利です。もし再利用可能な物品があれば、エイトが買い取ってくれるため、撤去費用を削減することができます。

これらのサービスをエイト一社で利用することで、手続きを個別の業者に依頼する手間を省くことができます。エイトなら、物件の残置物の撤去費用を最小限に抑えることができるでしょう。

不動産において効率的かつ経済的な解体と撤去を求めるなら、ぜひエイトにお任せください。

解体工事、不用品回収費用をどこよりも明瞭会計でお出しします!

トラック1台5万円以下で広告を出している会社も多いですが大抵がそれ以上のお見積もりを出されるのでお気をつけください!

不用品回収費用

作業内容台数金額
車両代、回収費、処分費、
諸経費など全て込み
2tトラック1台95,000円
2tトラック2台180,000円(1万円引き)
2tトラック3台265,000円(2万円引き)

※4台以降は台数に応じて値引きいたします。

解体工事費用

作業内容金額
車両・重機代、解体費、処分費、
諸経費など全て込み
1坪 45,000円〜(木造の場合)

※家の造り、敷地面積などによってお見積もりが変動します。

エイトは明瞭価格で安心な解体工事・残地物撤去がウリです!私たち自社スタッフが明るく誠実な仕事を行います!