実家がゴミ屋敷になる6つの原因とは?放置のリスクや片付け・説得のコツも解説!

「実家がゴミ屋敷に…」そんなお悩みを抱える方へ。

放置してしまうことで待ち受ける7つのリスク、気になりますよね? この記事では、実家がゴミ屋敷になる原因から、その解消法までを詳しく解説します。あなたの大切な実家を守るための具体的な手順やアドバイスを得ることができますよ。

安心して次の一歩を踏み出すための知識を、今、手に入れましょう。

ゴミ屋敷となった実家を放置する7つのリスク

ゴミ屋敷となった実家を放置する7つのリスクについて解説していきます。

健康被害を受ける

ゴミ屋敷となった実家は、様々な健康上のリスクをはらんでいます。

不衛生な環境はダニやカビの温床となり、アレルギーや呼吸器系の疾患を引き起こしやすくなります。また、物の山は空気の流れを悪くし、部屋の中の空気質を著しく低下させることも。これらは、日常的にその空間にいるご家族にとって、長期にわたる健康への悪影響が懸念されます。

火災が起きやすくなる

ゴミ屋敷は火災の危険性を高めます。

大量の物が密集している状態では、万が一火が起きた場合、燃え広がりやすく、消火も困難になります。また、ゴミの中には可燃物が多いため、火災の原因となりやすく、特に放置された電化製品などからのショートも無視できません。

孤独になる

ゴミ屋敷の問題は、心理的な側面にも大きく影響します。

家族や友人が来訪をためらうような状態になると、住人は社会的な繋がりを失いがちです。また、恥ずかしさや自己嫌悪などから外出を避けるようになり、結果的に孤立しやすくなります。社会との接点が減ることで、精神的な不安定やうつ病などのリスクも高まります。

虫や動物が発生する

ゴミ屋敷の状態は、虫や害獣の発生を引き起こす大きな要因です。

食べ物の残骸や生ゴミが放置されると、ネズミやゴキブリなどの害虫・害獣が集まりやすくなります。これらは衛生的な問題だけでなく、病原菌を運ぶリスクもあり、居住環境をさらに悪化させる原因となります。また、これらの生物が繁殖すると、駆除が困難になることもしばしばです。

近隣トラブルに発展する

ゴミ屋敷は近隣住民とのトラブルの原因にもなります。

視覚的な不快感や悪臭、害虫の発生は、ご近所との関係を悪化させる要因となり得ます。これにより、コミュニティ内での孤立や口論、苦情などの社会的なストレスが発生することもあります。長期にわたるトラブルは、心理的な負担となり、居住者の精神衛生にも悪影響を与えます。

貴重品・遺品を紛失する

ゴミ屋敷状態になると、貴重品や大切な遺品を紛失するリスクがあります。

物が多く乱雑に積み重なることで、大切な品が見つけられなくなるケースが多く見受けられます。特に、法的な書類や思い出の品などが紛失すると、精神的なダメージだけでなく、将来的な手続きや整理においても支障をきたす可能性があります。

自治体の指導が入る

ゴミ屋敷の問題は、場合によっては自治体の介入を招くことがあります。

不衛生や火災リスク、害虫の発生など、公共の安全や衛生に関わる問題となると、自治体は清掃命令や指導を行うことがあります。こうした事態になると、自宅のプライバシーが侵害され、強制的な処置を受けることもあるため、早期の対策が重要です。

実家がゴミ屋敷になる6つの原因

実家がゴミ屋敷になる6つの原因について解説していきます。

孤独感

実家がゴミ屋敷に変貌する背景には、孤独感が深く関わっています。

家族や友人とのコミュニケーションが減少し、一人で過ごす時間が長くなると、物を溜め込む行動に出やすくなることがあります。孤独は心の空虚感を埋めるために物を集める心理につながり、気付けばゴミ屋敷の状態に陥ってしまうケースが少なくありません。

捨てられない性格

物を捨てられない性格も、ゴミ屋敷化の一因です。

感傷的価値や将来の利用価値を見出してしまうため、不要な物でも処分できずに溜め込んでしまいます。この行動はしばしば執着や強迫観念にも似た心理状態からきており、気づけば大量の物に囲まれた生活空間を作り上げてしまうのです。

体力の衰え

年齢とともに訪れる体力の衰えは、実家がゴミ屋敷化する要因の一つです。

掃除や整理整頓に必要な体力や持久力が低下すると、家の中の物が段々と整理できなくなります。結果として、不要な物が徐々に蓄積され、気づいた時には手に負えない状態になってしまうことがあります。

判断能力の低下

加齢に伴い判断能力が低下することも、実家をゴミ屋敷にする一因となります。

物の価値判断が難しくなると、必要か不必要かの判断がつきにくくなり、結果的に物を溜め込んでしまうことに繋がります。これは本人も自覚しづらい問題であり、家族や周囲が気づくことも難しいでしょう。

セルフネグレクト

自己放任、いわゆるセルフネグレクトもゴミ屋敷化を引き起こします。

自分自身の健康や生活環境に対する配慮が低下すると、家の清潔を保つことへの意識も薄れがちです。結果、掃除や片付けを怠ることが多くなり、ゴミや不要物が積み重なることで、気が付けば生活空間全体がゴミ屋敷の状態に陥ってしまいます。

人の手を借りられない

実家がゴミ屋敷になる背景には、「人の手を借りられない」という問題もあります。

プライドや恥ずかしさ、他人を信用できない感情が原因で、家族や専門家の助けを受け入れられなくなることがあります。この状態では、一人での解決が困難になるため、問題は深刻化しやすく、放置すればするほど実家の状態は悪化してしまうのです。

ゴミ屋敷の実家の片づけで親を説得する6つのコツ

ゴミ屋敷の実家の片づけで親を説得する6つのコツをお伝えします。

片付けの必要性を感じるまで待つ

ゴミ屋敷化した実家の片付けには、親が自ら片付けの必要性を感じるまで待つことが大切です。

強引な説得よりも、本人が「片付けた方が良い」と自然に思い至る瞬間を待つのが効果的。このプロセスは時間がかかる場合が多いですが、本人の気持ちの変化を大切にすることで、スムーズな片付けへとつながります。

ゴミ屋敷で生活するリスクを伝える

ゴミ屋敷の環境で生活するリスクを丁寧に伝えることは、親を説得する上で重要です。

健康被害や火災の危険性など、具体的なリスクを示すことで、彼らの理解を促進させることができます。リスクを明確にすることで、片付けの必要性をより現実的なものとして感じてもらうことが可能です。

親を否定しない

親を説得する際には、決して彼らの生活態度を否定しないようにしましょう。

批判的な態度は逆効果であり、話を聞いてもらえなくなる可能性があります。代わりに、理解と共感を示しながら、彼らの気持ちを尊重する姿勢を見せることで、より受け入れてもらいやすくなります。

普段使っていない部屋から片付ける

片付けを始める場所としては、普段使っていない部屋から手を付けるのが良いでしょう。

この方法なら、親の日常生活にすぐに影響を与えずに済み、抵抗感を減らせます。また、小さな部屋から始めることで、成功体験を積み重ねることができ、徐々に他の部分への取り組みもスムーズに進む可能性が高まります。

自治体に相談する

ゴミ屋敷の片付けには、自治体の支援を利用するのも一つの手段です。

自治体には、高齢者の住宅環境改善や清掃支援などのサービスがある場合が多く、専門的なアドバイスや物理的な支援を受けられる可能性があります。また、専門家の意見を交えることで、親が片付けの重要性をより理解しやすくなることも期待できます。

片づけを拒否されたら無理に説得しない

最終的に片づけを拒否された場合は、無理に説得しようとせず、その決断を尊重することが肝心です。

強引な説得は関係を悪化させるだけでなく、親の心理的抵抗を強める可能性があります。時間を置き、適切なタイミングで再度話題に出すなど、柔軟な対応を心がけましょう。

ゴミ屋敷の実家の片付けは業者に依頼するのがおすすめ

実家がゴミ屋敷になってしまった場合、片付けは一般の人にとって非常に困難な作業です。そこでおすすめなのが専門の業者に依頼すること。

業者は片付けのプロフェッショナルであり、効率的かつ迅速に作業を進めることができます。また、不用品の適切な処分方法を熟知しており、自治体の規則に則った処理が可能です。さらに、清掃後の消毒作業も行ってくれるため、衛生面での心配も軽減されます。親子間の感情的なトラブルを避ける意味でも、第三者である業者の利用は非常に有効です。

プライバシーへの配慮やアフターサポートも充実しているため、安心して任せることができます。

ゴミ屋敷の実家を片付ける際の費用相場はいくら?

ゴミ屋敷の実家の片付け費用は、部屋の大きさとゴミの量によって大きく異なります。

例えば、小さな1K〜1Rタイプの部屋では、概算で3万円から8万円程度が相場です。もう少し広い1DKから3LDKの場合は、5万円から50万円と幅広い範囲で費用が変わります。さらに広い4LDKの場合は、22万円から70万円となることが多いです。

これらの費用はゴミの量によって変動し、大量のゴミがある場合は大型トラックの使用などでさらに費用が上がることも考えられます。実際の費用は業者によっても異なるため、複数の見積もりを取ることが重要です。

ゴミ屋敷の片付け業者を選ぶ際の3つのポイント

ゴミ屋敷の片付け業者を選ぶ際の3つのポイントをお伝えします。

見積りの内訳が明確である

ゴミ屋敷の片付け業者を選ぶ際には、見積りの明瞭さが重要です。

費用には、ゴミの量に基づく運搬費、労働時間、必要な清掃機材の使用料などが含まれています。不明瞭な費用や追加料金がないか、細かくチェックすることが肝心です。透明性の高い見積りは、信頼できる業者選びの大きな手がかりとなります。

実績が豊富である

豊富な実績は、業者の信頼性を示す大きな指標です。

ゴミ屋敷の片付けは特殊で繊細な作業が求められるため、経験豊かな業者を選ぶことが重要です。これまでの施工例や、顧客からの評価、事例の写真やビフォーアフターの情報などを確認しましょう。経験豊富な業者であれば、予期せぬ状況にも柔軟に対応できる可能性が高まります。

クリーニングにも対応している

単にゴミを運び出すだけでなく、その後のクリーニングサービスの提供があるかどうかも重要なチェックポイントです。

ゴミの撤去後には、部屋に残るほこりや汚れをきちんと清掃する必要があります。プロの清掃による徹底した洗浄と消毒は、実家を快適な居住環境に戻す上で欠かせない作業です。このサービスが提供されているかどうかは、業者選びにおいて重要な判断基準となります。

ゴミ屋敷の実家の2つの再発防止策

ゴミ屋敷の実家の2つの再発防止策をご紹介します。

定期的に実家に帰る

ゴミ屋敷の再発を防ぐためには、定期的な実家訪問が有効です。

実家を訪れることで、家の状態を把握し、必要に応じて片付けや清掃を手伝うことができます。また、親との交流を通じて彼らの孤独感を和らげ、物を溜め込む心理的な原因にも寄り添えます。

心身の状態を確認し、支援の手を差し伸べることは、ゴミ屋敷状態の再発を防ぐ鍵となります。

定期的にクリーニングを依頼する

ゴミ屋敷になりがちな実家をきれいに保つためには、プロのクリーニングサービスを定期的に利用することが効果的です。

プロの清掃業者による徹底した掃除は、単に清潔な空間を提供するだけでなく、不必要な物の蓄積を防ぐ効果も期待できます。また、専門家の目によって早期に問題が発見され、大きな問題に発展する前に対処が可能となります。

これは、特に体力的・精神的に自己管理が難しい高齢の親にとって、安心感を提供する手段となり得ます。

まとめ【ゴミ屋敷となった実家の片付けならエイトへ依頼を】

今回の記事では、ゴミ屋敷となった実家を放置する7つのリスクについて解説してきました。

ゴミ屋敷となった実家を放置することには多くのリスクが伴うため、早急に対処する必要があります。個人での片付けは難しい場合が多いので、専門業者に依頼するといいでしょう。

そこでおすすめなのが、エイトのサービスを利用することです。

専門知識を備えたエイトは、あなたの実家を迅速に清潔な空間へと変えるサポートを提供しています。さらに特筆すべきは、残された物品の価値を見極める能力です。エイトには買取サービスもあり、そこでは価値ある残置物を公正な価格で買い取っています。このサービスを活用すれば、片付けにかかるコストを効果的に抑えることができるでしょう。

エイトの広範なネットワークと豊富な経験は、ゴミ屋敷の片付けにおける大きな強みとなります。

ゴミ屋敷の片づけのことなら、エイトにご相談ください。

解体工事、不用品回収費用をどこよりも明瞭会計でお出しします!

トラック1台5万円以下で広告を出している会社も多いですが大抵がそれ以上のお見積もりを出されるのでお気をつけください!

不用品回収費用

作業内容台数金額
車両代、回収費、処分費、
諸経費など全て込み
2tトラック1台95,000円
2tトラック2台180,000円(1万円引き)
2tトラック3台265,000円(2万円引き)

※4台以降は台数に応じて値引きいたします。

解体工事費用

作業内容金額
車両・重機代、解体費、処分費、
諸経費など全て込み
1坪 45,000円〜(木造の場合)

※家の造り、敷地面積などによってお見積もりが変動します。

エイトは明瞭価格で安心な解体工事・残地物撤去がウリです!私たち自社スタッフが明るく誠実な仕事を行います!