不用品回収業者は何でも回収してくれる?回収できないゴミの処分方法も解説!

品川区を中心に東京・神奈川・千葉・埼玉で対応可能!

「家の中に不用品が溢れているけれど、不用品回収業者は本当に何でも持っていってくれるの?困った時、どう対処すればいいの?」こんな疑問を抱えているあなたに、この記事はぴったりです。

不用品回収業者が回収できないゴミの種類や、その処分方法も丁寧に解説。この記事を読めば、家の中がすっきり片付くこと間違いなしです。

不用品回収業者は何でも回収してくれる?

多くの人が「不用品回収=何でも持って行ってくれる」と思いがちですが、実はそうではありません。

不用品回収業者が扱うことのできる物品には限りがあり、特に危険物や特殊な処理が必要なものは、通常は受け入れられません。また、一部のゴミには特別な処理許可が必要で、これがないと回収できないものもあります。

このため、単に「不用品」という名前に惑わされず、具体的にどのような物が回収対象外であるかを理解することが重要です。

不用品回収業者が回収できないゴミとは

以下のゴミは、不用品回収業者が回収できないものです。

  • 生ゴミ
  • 液体
  • 土砂
  • ライター・スプレーなどの可燃物
  • ガソリン
  • 車・バイク
  • 動物の死骸
  • 血液が付着した物
  • ピアノや金庫などの特殊重量物
  • 危険物
  • 注射器などの医療系廃棄物
  • 建築系廃棄物
  • 法律に違反する物

電池やスプレー缶、ライターなどの危険物は、通常のゴミ収集には特別な許可が必要です。また、家庭以外から出る産業廃棄物も、その処理には特定の規制があります。特に、小規模の個人運営の不用品回収業者は、これらのアイテムの回収を断ることが多いので注意が必要です。

こうした特殊なゴミを回収してもらいたい場合は、依頼前に業者に確認することが大切です。

不用品回収業者が回収できないゴミの処分方法

不用品回収業者を利用せず、自治体で処分してもらうという選択肢もあります。

自治体で処分できるもの

自治体の回収サービスは不用品回収業者ほど多岐にわたる品目を扱ってはいませんが、それでも家具や家電などの一部品目は回収しています。

例えば、鍋やベビーカー、衣装ケース、楽器、オーディオ機器、ガスコンロ、学習机、キャットタワーなどは自治体での回収対象になります。また、キャンプ用品やクーラーボックス、コーヒーメーカー、こたつ、座椅子、三脚、自転車、人工芝、掃除機、ぬいぐるみ、ランニングマシン、畳、テーブル、ドレッサーなども含まれます。

ただし、これらは一例に過ぎず、自治体によっては異なる品目が回収対象になっている場合もあるため、処分する前には必ず確認が必要です。

自治体で処分できないもの

一方で、自治体の回収サービスでは処理できないゴミも多数存在します。

これには、エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機などの家電リサイクル法対象家電が含まれます。これらはどの地域でも自治体による回収は行われません。また、パソコン本体やモニター、ノートパソコン、電池、蛍光灯なども自治体では回収していないことが多いです。

これらのアイテムを処分したい場合は、自治体のサービスを利用する前に対応可能かを確認することが大切です。自治体での回収が不可能な場合は、不用品回収業者や購入した家電量販店に依頼するなど、別の方法を検討する必要があります。

不用品回収業者の4つの選び方

不用品回収業者の4つの選び方をお伝えします。

相見積もりを取る

不用品回収業者を選ぶ際、最初に行うべきことは複数の業者から見積もりを取ることです。

異なる業者はサービス内容や価格設定が異なるため、複数の見積もりを比較することで、最もコストパフォーマンスが高い業者を見つけることができます。見積もりを取る際は、サービスの範囲、料金、追加費用の有無などを確認し、全体的なサービスの価値を判断します。

このプロセスは、不用品回収のコストを抑えるだけでなく、信頼できる業者を選ぶ上での重要なステップとなります。

実績・評判を確認する

不用品回収業者を選ぶ際には、その業者の実績や評判を確認することが不可欠です。

インターネット上の口コミや評価、利用者の体験談などを参考にし、業者の信頼性やサービスの品質を判断します。実績が豊富で高い評価を受けている業者は、安心して依頼できる可能性が高いです。

また、地域社会における業者の評判も重要な指標の一つであり、地元での信頼度を確認することも効果的です。

回収不可のゴミを確認する

不用品回収業者を選ぶ際には、どのようなゴミが回収できるか、また回収できないものは何かを確認することが重要です。

多くの業者は一般的な家庭の不用品を回収しますが、危険物や特殊な処理が必要なアイテムは回収できないことがあります。事前に回収できるアイテムの範囲を確認することで、後でトラブルになることを避け、スムーズな回収を期待できます。

具体的な回収アイテムに関する情報は、業者のウェブサイトや見積もりの際に確認しましょう。

料金を確認する

不用品回収業者を選ぶ際には、料金体系をしっかりと理解することが非常に重要です。

料金プランは業者によって異なり、一律の料金設定、重量や量に基づく料金設定、特定のアイテムごとの料金設定などがあります。料金の詳細を事前に確認し、追加料金が発生する可能性がある場合はその条件を理解することが大切です。

料金の透明性は業者選びの重要な基準の一つであり、後から予期せぬコストが発生しないように注意が必要です。

何でも回収できる悪質業者の7つの特徴とは

何でも回収できる悪質業者の7つの特徴について解説していきます。

トラックで町中を巡回している

町中をトラックで巡回し、不用品回収を行っている業者には注意が必要です。

多くの場合、これらの業者は正式な営業許可を持っていない悪徳業者である可能性が高いです。信頼できる業者は通常、事前の予約や依頼を通じてサービスを提供します。街中で積極的に宣伝する業者に安易に回収を依頼することは避け、信頼性の確認が必要です。

無料で回収している

「無料で回収します」と宣伝する業者は慎重に扱うべきです。

不用品回収が無料となるケースはほとんどありません。こうした業者は、最初は無料であると伝えながら、後に「交通費」や「運搬料」などの名目で高額な料金を請求することが多いです。無料サービスを謳う業者に対しては、隠れたコストやその他のリスクを十分に検討する必要があります。

自宅訪問をしつこく迫る

アポイントメントなしで自宅を突然訪問する不用品回収業者は、しばしば悪質な行動を取ることがあります。

一度家に入れると、不用品だけでなく、不要とは指示していない物まで回収し、高額な料金を請求するケースがあります。また、換金価値がありそうな物品を勝手に持ち去るなどの被害も報告されています。このような業者は特に、昼間人が少ない家や高齢者世帯を狙う傾向があるため、警戒が必要です。

必要な許可を持っていない

不用品回収業者を選ぶ際、重要なポイントの一つが必要な許可の有無です。

正規の業者は、廃棄物の処理や運搬に関する法律に従い、適切な許可を取得しています。許可を持たない業者は、不適切な廃棄物処理を行う可能性があり、環境や法律に対する問題を引き起こすことがあります。信頼できる業者を選ぶためには、彼らが適切な許可を有しているかを確認することが不可欠です。

HPに会社の情報を掲載していない

悪質な不用品回収業者の特徴の一つは、ウェブサイトに会社情報を掲載していないことです。

これらの業者は、自らの悪質な行為を隠すために意図的に情報を伏せている可能性があります。業者を選ぶ際は、必ずウェブサイトを確認し、会社情報がきちんと記載されているかをチェックしましょう。会社情報が不明瞭な業者は、トラブル発生時に連絡が取れなくなるリスクがあります。

また、住所や運営会社名があっても、それらが実在するかどうかを確認することも重要です。

領収書を発行していない

悪質な業者は、過剰請求などの証拠を残さないために領収書の発行を避ける傾向にあります。

契約前の問い合わせ段階で、領収書の発行に対応しているかを確認しましょう。領収書を発行しない業者は、利用を避けることが賢明です。また、領収書を発行しても、その内容に誤りがある場合があります。金額だけでなく、電話番号や住所などの情報も正確に記載されているかを確認することが大切です。

見積書を発行してくれない

不用品回収の料金を透明にするためには、事前に見積もりを取得し、見積書を発行してもらうことが重要です。

見積書の発行を嫌がる業者は、後から料金を変更する可能性があります。見積もりを行った際には必ず見積書を発行してもらい、その内容を確認しましょう。見積書がない場合、見積もりが後に否定されるリスクがあり、料金が予想外に変動することがあります。

見積書の発行を拒む業者は、信頼性に欠ける可能性が高いので注意が必要です。

まとめ【不用品回収業者は何でも回収できるわけではない】

不用品回収業者は多くの物を扱いますが、全てを回収できるわけではありません。特に、危険物や特別な処理が必要なものは、一般的な業者では回収対象外となることが多いです。

不用品回収業者を利用する際は、回収できるアイテムとサービスの範囲を確認し、最適な業者を選ぶことが大切です。

そこでおすすめなのがエイトです。

残置物の中には価値あるものが含まれることもあり、これらは専門の知識を持つ業者によって適切に処理されるべきです。エイトでは、買取サービスを提供し、価値のある品物を公正な価格で買い取ることが可能です。これにより、片付けの際のコストを抑えることができ、より経済的な清掃プロセスを実現できます。

 

不用品回収のことなら、エイトにご相談ください。

解体工事、不用品回収費用をどこよりも明瞭会計でお出しします!

トラック1台5万円以下で広告を出している会社も多いですが大抵がそれ以上のお見積もりを出されるのでお気をつけください!

不用品回収費用

作業内容台数金額
車両代、回収費、処分費、
諸経費など全て込み
2tトラック1台95,000円
2tトラック2台180,000円(1万円引き)
2tトラック3台265,000円(2万円引き)

※4台以降は台数に応じて値引きいたします。

解体工事費用

作業内容金額
車両・重機代、解体費、処分費、
諸経費など全て込み
1坪 45,000円〜(木造の場合)

※家の造り、敷地面積などによってお見積もりが変動します。

エイトは明瞭価格で安心な解体工事・残地物撤去がウリです!私たち自社スタッフが明るく誠実な仕事を行います!